9. 確定申告

チャットレディ経費【知らなきゃ損する⁈】

今年はたくさん稼いだから確定申告しよう!と思っても知らない言葉ばかり…。最初は難しいですよね。1つずつ学んでいきましょう!

 

確定申告をする上で「経費」というのはとても大切です。

例えば、1年間の収入(売上)100万円があって、経費を全く申請しない場合には、100万円に対して税金が掛かります。

一方、1年間の収入(売上)が100万円で、そのうちの経費が90万円あったとすると、きちんと申請すれば、残りの10万円に対して税金が掛かることになります。

 

きちんと経費を計上すれば、所得(収入から経費を引いた残り)が減らせるので、払う税金が少なくなります。

では、何が経費となるのか。ピンとこないかもしれないですが「仕事をするために必要な物を買った」場合は、それは全て経費です。家賃やスマホ代も経費になります。

節税のために、何が経費として申請できるのか、しっかり確認しましょう。

チャットレディの経費 必要経費って何?

仕事に必要な物は必要経費
必要経費とは

「収入を得るため」に必要な費用のこと

「これがないと仕事ができない」といったものを購入した場合は、売上からその費用を引いてもいいよ、ということです。その費用のことを必要経費と言います。

 

経費が多くなるほど、所得は減ります。

売上から経費を引いたもの=所得

所得が多い➡税金たくさん
所得が少ない➡税金少ない

※所得が少ないほど払う税金が少なくなる!

経費を売上から引くことで、課税対象である所得が減ります。

売上が多くても、経費が多ければ所得は減ります。納める税金もそれに伴い減るということになります。

チャットレディの確定申告ガイド
チャットレディの確定申告ガイドチャットレディとしてしっかり働くのであれば「確定申告」は避けられません。 「納税は国民の義務」だからです。義務教育を受けるのと同じ...

チャットレディの必要経費

では、そんな費用が経費として計上できるか見ていきましょう!

【経費として認められるもの:一例】

  • 通信費(インターネット代・電話代)
  • パソコン
  • スマホ
  • カメラ
  • マイク
  • 家賃
  • 光熱費
  • 衣装代
  • 化粧品
  • エステ
  • 美容院
  • コンタクト
  • サプリメント
  • 消耗品
  • 接待交際費
  • 旅費交通費
  • 新聞図書費

※プライベートでも使うものは全額ではなく、一部が経費となります。

通信費 インターネット代やスマホ代はもちろん経費。スマホを2つ持っている場合には仕事用のみ経費になります。
家賃・光熱費 自宅で仕事をしている方は家賃や光熱費も経費になります。
衣装代 チャットしている時に着るための洋服は経費になります。コスプレ衣装や、メガネなどもOK。
美容費 化粧品や美容代も経費になります。
消耗品 チャットしているときに映るものは経費になります。照明スタンド・ソファ・ぬいぐるみ・クッションなど。
接待交際費 情報共有のために食事に行けば経費になります。
旅費交通費 通勤チャットレディの場合は、事務所までの交通費も経費です。電車・バス・タクシーなど。

レシートや領収書はなくさないようにきちんと保管するようにしましょう。

領収書が出ない交通費などは、メモ用紙か出金伝票に内容(日付・金額・目的)を書いておきます。

化粧品や家賃やスマホなど、完全に仕事用ではなくプライベートと混ざっている場合もあります。

その場合には30~50%を経費として申請することができます。

これって経費になるのかな?と迷った時には

経費の基準は、「仕事(収入)に関係あるかどうか」です。

生活費(スーパーで買った食材など)は経費にできません。売上に関係するかどうかを考えましょう。

プライベートな飲食代は交際費とは認められませんが、仕事の付き合いがある人との場合は経費と認められます。

チャットレディの経費 家賃は全額経費にはできない

在宅でチャットレディをしている場合には、家賃も経費にすることができます。

ただし、家賃の100%を経費にすることはできません。

「どのくらいの時間を仕事に使っているのか」「部屋全体に対してどれくらいの広さを仕事に使っているか」で何%が経費になるのかを考えます。

【例】在宅でチャットレディをしている場合

1日8時間チャットレディとして働いている

  • 24時間のうちの8時間➡1日の3分の1の時間を仕事に使っている
  • 家賃➡3分の1を経費として申請
  • 水道光熱費➡3分の1を経費として申請

家賃が月9万円の場合、月3万円を経費にできます。

また水道光熱費も同じように経費にできるので、月9,000円の場合、3,000円が経費となります。

1ヵ月で33,000円分が経費となるので、1年間396,000円の経費になります。

チャットレディの経費 化粧品も一部経費に

化粧品も経費

チャットレディの仕事は、見た目が大事な要素の1つです。そのため、化粧品やコスプレ衣装などの衣服、おもちゃなどは経費にすることができます。

ただ、化粧品もプライベートでも使うので全額ではなく一部を経費としましょう。

  • 化粧品
  • 美容院
  • コンタクト

これらはプライベートでも仕事でも使うものです。30%程度を目安に申請するといいでしょう。

チャットレディ経費 交通費について

電車やバスなどの公共交通機関の場合

交通費も経費

通勤チャットレディとして働いている方は、事務所までの交通費は全額経費となります。

ICカードを使っている場合には、1日に使った経費をメモか出金伝票などに書いておきましょう。記録がない場合には経費として認められない場合があります。

車の場合

車で事務所まで通っている場合にはガソリン代も経費となります。

ただ、自家用車の場合にはプライベートでも車を使っているので、全額は申請できません。正しく申請するには事務所までの距離を調べ、1キロあたりどのくらいガソリンを使うのか計算して申請しましょう。

事務所に駐車場がなく、自分で駐車場代を負担する場合には、全額経費として申請できます。

チャットレディ経費 確定申告で必要なもの

領収書やレシートは捨てずに保管

領収書は7年間保管

経費であることの証明には領収書またはレシートが必要です。

確定申告では提出しませんが、もし調査が入った場合には必要になります。

領収書やレシートは確定申告後、7年間保管しておきましょう。100均などで買えるケースにその年のものを全て入れて保管し、表にいつの確定申告書類か書いておくとわかりやすくておすすめです。

クレジットカードで購入した場合の明細も領収書代わりになります。捨てずに残しておきましょう。

領収書がもらえなかった場合

領収書やレシートがもらえなかった場合や割り勘で支払った場合、公共交通機関を使った場合にはメモを残しましょう。

  • 支払日(購入日)
  • 店舗名
  • 購入商品
  • 金額
  • 目的

これらを書いておけば、領収書の代わりになります。

チャットレディ経費 節税

経費として計上できるものを多く探し、売上から経費を引くと所得が少なくなります。

その結果支払う税金が少なくなるので、節税効果があります。

チャットレディ経費 税理士

チャットレディの仕事では、申請できる経費はさまざまな項目があります。

自分で判断できないものに関しては、税理士など専門家に相談するのがおすすめです。

 

各地域には税務署があり、相談にも乗ってくれます。

電話で相談もできますので、わからないことや聞きたいことがあれば聞いてみましょう!

税務署で相談したい方はこちら

チャットレディ 30代主婦におすすめサイト 若い女性と張り合わずに 今の自分で楽しく働く♡ 30代主婦が人気の チャトレサイトを紹介! マダムとおしゃべ...